時間とお金をかけてまで彼女を作る意味はあるのか?

こんにちは、佐々木です。

今回は「時間とお金をかけてまで彼女を作る意味はあるのか?」ということについて、

書いていきます。

なぜこの記事を書こうかと思ったかと言うと、

この質問が僕の予想以上に多かったからです。

「割りに合わない」「そこそこの女と付き合うより風俗の方が良い」などと言った意見は、

SNSなどでもよく聞く意見ではありますが、

最近リアルの友人や職場の同僚や部下からもこのような発言を聞くことが増えました。

しかも冗談ではなく本気のトーンで言ってくるのです。

なので、今回の記事を通して皆様に僕の意見を伝えたいと思います。

まず結論から言うと、時間とお金をかけてまで彼女を作る意味はあります。

「結局それかよ!一般論だな」と言われそうですが、

僕はもともとはこれと真逆で、

「時間とお金をかけてまで彼女を作る意味はない」と思っていた人間です。

26歳まで彼女がいなかった僕にとって、

恋活・婚活は当初とてつもなく大変でした。

ファッションについて調べ、

会話について調べ、街コンに行ったり、マッチングアプリを使ってみたり・・・。

月に5万円くらいのお金と、プライベートの時間のほとんどを恋活に使っていました。

それでも思うように上手くいかず、くじけそうになりました。

さらに頭を悩ませたのは、

彼女ができたとしても、彼女を維持するのにかかる費用についてです。

リクルートの「ブライダル総研」が発表したデータによれば、「彼女」を一年間維持するのに必要な金額は50万円にも上るそうです。

当時の僕は、彼女を作ってもないのにこのような心配もしていました。

彼女作るのでさえ先が見えないのに、できたとしてもこんなにお金がかかるのかと・・・

ただ、それでも彼女を作る意味はあると今は断言できます。

特に彼女を一度も作ったことがない人、

長い間彼女がいない人などは絶対に彼女を作った方がいいです。

達成感・充実感が全然違います。

今までよりも確実に自信がつきますし、

その自信は自分をさらなる良い方向へ導いてくれます。

僕の場合は、初めての彼女ができたことで、

前より物怖じせずに発言できるようになったり、

周りから小馬鹿にされることがなくなりました。

また、オフ会やセミナーといったイベントにも参加するようになり、

様々な人と貴重な出会いをすることもできました。

これも彼女ができた自信により、人への恐怖心が減って積極的になれたからだと思います。

もし彼女を作らなければ、

僕はゲームやアニメ、風俗などにお金と時間を使うことができました。

しかし、今のような達成感と充実感は得られず、

モヤモヤした感情を抱きながら毎日を過ごしていたことでしょう。

彼女を作るのは簡単ではなかったです。

(少なくとも僕のような26歳まで彼女がいなかったような人間にとっては)

しかし、労力に見合うだけのリターンは確実にあるので、

皆様は本当に大変でも恋活を諦めてほしくないと思います。

以上です。

次回はこれまた質問の多かった

「妥協してでも彼女を作るべきか」「どの程度なら妥協しても良いか」

というテーマについて書こうと思います。